Global Age

コラム

  1. HOME
  2. コラム
  3. グローバルエイジ
  4. 顧客経験価値のための商品企画開発の実践 第11回:強みの視点=コアコンピタンスの視点で商品・事業戦略仮説を立てる

顧客経験価値のための商品企画開発の実践 第11回:強みの視点=コアコンピタンスの視点で商品・事業戦略仮説を立てる

ニューチャーネットワークス 代表取締役
高橋 透

コアコンピタンスの視点の商品・事業戦略仮説とは、自社の持つコア技術やスキルから商品・事業の仮説を立てるものです。コアコンピタンスは企業の本業と呼ばれるメイン事業のベースになっているものです。製造業であれば、技術の周辺がコアコンピタンスで、要素技術、設計技術、製造技術、利用技術などの中に存在したり、それらの組み合わせであったりすることがほとんどです。

それらのコアコンピタンスが、最終受益者の感覚、感情、思考、行動、価値観やコミュニティ、つまり顧客経験価値に大きなインパクトを与えうるものでなければなりません。

その結果、

  • ある特定市場の需要を急速に拡大するものである
  • ある特定市場のエコシステム・ビジネスモデルを大きく変えるものである
  • これまでにない市場や顧客経験価値を創造するものである

といった状態を目指して発想します。

例えば米国発の配車アプリのウーバーは、クルマ利用の価値観、行動を変え、快適性、利便性を提供し、モビリティ産業市場全体のイノベーションを起こしました。ウーバーの場合のコアコンピタンスは、アプリケーションのデザインとAIを組み込んだ配車プログラム、ビジネスモデルなどであったと思います。

コアコンピタンスは、絶対的なものではなく、ある市場領域を前提にした際の想定される競合との相対的なものです。

その点からコアコンピタンスは、市場領域を変えることで、捉え方が変わってきます。例えばキリンやアサヒなどでは、ビールはじめアルコール飲料で培った酵母の技術が、酵母を使った薬品開発で優位性があるといったことがあり得ます。既存事業の市場と比較し要求がそれほど厳しくない市場においては、自社の技術がコアコンピタンスとして有望かもしれません。

また、コアコンピタンスは、異なる事業や部門に点在する能力を組み合わせることで創り出すことが出来ます。

通常組織間でコミュニケーションが少ない企業はその可能性があります。それぞれの部門に存在する独自性のある強みを組み合わせるのが、新たなコアコンピタンスを生み出す近道です。

その他オープンイノベーションの発想で大学や他社からの技術やノウハウを導入し、自社のコアコンピタンスと組み合わせることで独自のコアコンピタンスを創ることも可能です。

アイリスオーヤマは、2000年前半に大手電機メーカーがリストラを行う中、積極的に大手電機メーカーのベテラン技術者を採用し、アイリスのコアコンピタンスである商品企画マーケティング力と組み合わせることで、現在はLED照明はじめ家電製品でトップクラスのシェアを占める商品も出しています。

 

ニューチャーの関連書籍

『デジタル異業種連携戦略』
『デジタル異業種連携戦略』
優れた経営資産を他社と組み合わせ新たな事業を創造する
高橋 透 著(中央経済社出版)
2019年11月13日発行
ISBN-13 : 978-4502318511

 

『技術マーケティング戦略』
『技術マーケティング戦略』
技術力でビジネスモデルを制する革新的手法
高橋 透 著(中央経済社出版)
2016年9月22日発行
ISBN-10: 4502199214

 

『勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法』
『勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法』
「エコシステム・ビジネスモデル」「バリューチェーン」「製品・サービス」3階層連動の分析により、勝利を導く戦略を編み出す!
高橋 透 著(中央経済社出版)
2015年1月20日発行
ISBN:978-4-502-12521-8