Corporate Transformation Training

グループ企業(新任)経営幹部向け 企業変革研修

2000年代前半にグループ連携経営の考えが普及しましたが、グループ企業を「収益拡大、企業価値向上の重要な組織単位」と考え、実践している企業は未だ一部です。多くの場合グループ企業は、親会社の役員や重要ポストから外れた人の出向、転籍場所になっています。そのためか、グループ企業の市場競争力は低下し、企業価値を大きく毀損することも少なくありません。以前よりはグループ企業の役員、幹部は業績責任を問われるようになりましたが、マネジメントスタイルは変わっていません。本研修は、グループ企業を重要な事業ポートフォリオと考え、再強化するために、グループ企業の取締役、部課長を対象に、「事業ドメイン、ビジネスモデルの見直し」「組織風土改革」「現場の戦略力、改善力向上」などの基本的な変革手法を学び、実践し、業績成果に繋げるものです。

グループ企業における構造的問題

対象部門
  • グループ企業へ出向者
    • 新任取締役
    • 取締役(既任)
    • 部課長(新任、既任)
  • グループ企業プロパー
    • 新任取締役
    • 取締役(既任)
    • 部課長(新任、既任)
成果
  • グループ企業の現状と問題・課題把握ができます
  • グループ企業の各種事業変革の方法を学べます
    • 事業ドメイン、ビジネスモデル、顧客提供価値、収益構造など
  • グループ企業の市場特性や現場の社員に合ったの組織風土変革の方法を学べます
  • グループ企業の変革のシナリオや実行フォローの方法が学べます
メソッド
  • バランストスコアカードを使った経営分析
  • グループ企業の経営・事業の問題課題把握
  • 事業ドメイン戦略
  • ビジネスモデル戦略
  • 製品・サービス・技術戦略
  • バリューチェーン戦略
  • 組織戦略
  • 戦略プロジェクトと改善プロジェクト
  • 役員会運営方法
  • 成長戦略のための改革プロジェクトのマネジメント手法
期間

1日×3回から7回

  • ケーススタディ分析の事前課題があります
  • 研修のインターバルには、課題とそのメールでの指導があります
  • 最終成果は、グループ企業の社長、もしくは株主に報告し、議論します
ステップ
Step 1

グループの企業変革の全体像と自社の経営問題・課題仮説

  • なぜグループ企業変革はうまくいかないのか
  • 親会社とは違う、市場、業務、人材を理解する
  • グループ企業変革の前に自己変革が必須
  • グループ企業の問題・課題をBSCの手法で分析する
  • グループ企業の経営問題・課題の構造化
Step 2

経営問題・課題の分析

  • グループ企業の財務、顧客、業務プロセス、学習と成長の視点分析
  • グループ企業の問題・課題の真因分析、深掘り
  • グループ企業の問題・課題の共通化、重点化
  • グループ企業の問題・課題解決策の検討
Step 3

顧客、競合、市場分析
事業成功要因分析

  • グループ企業の市場特性分析グループ企業の顧客分析
  • グループ企業の競合分析
  • グループ企業のSWOT分析
  • グループ企業の事業成功要因
Step 4

ドメイン、ビジネスモデル変革
経営戦略ビジョン

  • グループ企業のドメイン(事業領域)変革
  • グループ企業のビジネスモデル(収益構造)変革
    • バリュー、自社コスト、価格はじめ収益構造変革
  • グループ企業の経営戦略ビジョンの作成
    • 財務目標、基本戦略、戦略課題と戦略目標
Step 5

人・組織戦略
変革のシナリオ
戦略プロジェクトと改善プロジェクト

  • グループ企業の人・組織戦略
    • 組織戦略と変革シナリオ
    • 人材戦略と育成シナリオ
  • グループ企業の戦略プロジェクト(5-7つ)
  • グループ企業の改善プロジェクト(改善テーマ領域複数)