Global Age

ニューチャーネットワークスが
お届けするコラム

  1. HOME
  2. コラム
  3. グローバルエイジ
  4. 「人が動くビジョン・理念」

「人が動くビジョン・理念」

株式会社オーナーズブレイン 代表取締役 公認会計士
小泉 大輔
株式会社オーナーズブレイン代表取締役の小泉大輔様とは、上智大学が主催する経営の勉強会でお会いしました。
お若いながら多くの会計士を率いる会計士事務所を経営され、数々のベンチャー企業の上場を支援されてこられました。小泉社長のすばらしさは、どんな状況であっても、何事からも学ぶ姿勢と熱意です。そして社会に対する強い貢献のお気持ちです。ご自身も社会事業に携わり、活躍されております。

今回のコラムでは、2つのテーマをお願いしました。一つは「リーダーシップ」について、もう一つはご専門の「今後の会計制度の変化」に関してです。

高い社会性と、その中で生き抜くための厳しいビジネスのルールとその運用。
今回のコラムは、まさに小泉社長から学ぶべき2つのエッセンスと考えております。
是非皆様も小泉社長から何かをつかんでいただければと思います。

ニューチャーネットワークス 高橋 透

当社オーナーズブレインは、お客様の成功の実現を本気でご支援し、オーナー様の右腕、知恵袋となる、会計・財務の専門家集団です。

私は、外資系監査法人時代、会計士として、監査はもちろん、M&A、株式公開(IPO)など様々な分野を経験しました。監査法人が監査以外の分野を行うことが厳しくなってくる中、ある人生のスイッチがオンになる二つの出来事があり、起業を決意しました。

一つは、今の私のキャリアの原点ともいうべき、ジャスダック上場のL社のU社長との出会いです。彼からは、たくさんの人生論、経営の哲学を学びました。
かつて、私が、L社の株式公開の準備を担当した直後、U社長から、グループ戦略についてアドバイスを求められることがありました。まだ、自分に自信がなく、うまく、答えることができなかった時に、その社長から言われたこと、
 
「僕の兄貴と思って、答えてよ!」
 
自分の家族だったらどう答えるか・・・お客様に対して何ができるか真剣に考えられていない自分に、頭を金槌でたたかれたような衝撃が走りました。

さらにその後、マーケティングコンサルティング会社を経営する、酒井光雄さんが書かれたコラムと出会いました。

「顧客の立場に立つ最も良い方法は、自分にとってかけがえのない人を相手にビジネスしていると考えればよい。かけがえのない人とは、両親、兄弟、恋人、妻、自分の子供、そして友人達である。・・・・かけがえのない人にこそ使ってもらいたいと企業が本気で行動を起こせば、世界の人たちを魅了するのは容易なことだ。1人の人間として、かけがえのない人を相手に仕事をすれば、その仕事は必ず価値を生む。・・・最近自分自身で何かに満足したり、感動したりすることがないという人がいる。それは満足や感動は与えられると思っている人だ。どうすれば自分にとってかけがえのない人に満足や感動を自分の手で与えられるか。そう考え、行動している人なら、あなたの周りにいるかけがえのない人達が、あなたを放っておくはずがない。素敵な人が働く企業には、素敵な人が集まってくる。」

このコラムを読んだ瞬間、全身に、スパークが走りました。何度も何度も、読み返しました。まさに人生のスイッチがオンになる瞬間でした。

どうすれば自分にとってかけがえのないお客様に満足や感動を自分の手で与えられるか・・・そこで、浮かんだ映像は、ハリウッド映画のトム・クルーズが主演する「ミッション・インポッシブル」、ジョージ・クルーニーの「オーシャンズ13」です。

すばらしい知恵、知識を持った一人一人のプロフェッショナルがドリームチームを結成し、不可能を可能にしていく。

ドリームチームで、係わるひとを幸せにしたいという志のもと、会計・財務の経験者たちとともに立ち上げました。

そして掲げた、私どものビジョンは、係わる人を幸せにすることです。

現在、起業して、8年目を迎えますが、設立当時の僕は、しっかりした軸がなく、理想と現実のギャップの中、会社は大混乱。役員と社員は一つになれず、バラバラの状態で、組織とはいえない状態でした。
自分自身、しっかりしたビジョンが腹に落ちないまま、経営していたことが原因だったと思います。

起業して3年目、社内の混乱、景気に左右されながらも、その間に様々な経験をし、そこで、気づいたことは、「何かが変われば、何かが変わる」

その後たくさんの方々にお会いして、うまくいっている会社は、何が違うか、徹底的に考えました。うまくいっている会社は、経営者がぶれない軸を持ち、社員にビジョンが浸透していることに気づきました。

そこで、100年後も残るビジョンを、繰り返し推敲しました。

当社のビジョンは、

“知恵・知識・経験に基づく、プロフェッショナルサービスを提供することにより、お客様の成長・発展・安定に貢献すること”

です。

そして、次に、社員全員と毎週ミーティング重ね、クレドカード作りに着手しました。
ミーティングを通じて、うまくいっている経営者の記事を毎週読み、共通点を探って、社員との分かち合いを繰り返しました。
稲盛和夫さんの記事からスタートして、約6ヶ月の分かち合いで出てきた社員のメッセージが土台となり、当社のクレドカードが完成しました。
クレドカードは、18項目から成っております。
 

 

 

 

 

(オーナーズブレインのクレド)

  1. 活動指針について
  2. 仲間とのかかわり
  3. 感謝と思いやり
  4. 前向き(プラス思考)
  5. 素直に、謙虚に行動
  6. ワクワクした気持ちで
  7. 情熱と改善
  8. 発見と実行
  9. さらに!(目標高く、さらに上へ、そして前へ前へ)
  10. WHY でなく How
  11. 批判・批評しない、愚痴を言わない
  12. 成長の幸せ
  13. 利他、ベクトルをあわせる(パートナーシップ)
  14. 利益・報酬について
  15. あいさつ
  16. 整理整頓
  17. 枠を超え、技を磨く
  18. サプライズと感動

例えば、18番目の「サプライズと感動」

「常にクライアントに対してサプライズを起こし、感動を与える提案を考え続けます。どうすれば、自分にとってかけがえのない人に満足や感動を自分の手で与えられるかを常に考え行動します。」

ビジョン、クレドを基に行動するようになってから、当社も変わり始めました。クレドカード自体は、あくまで形に過ぎません。本当に大切なことは、このクレドカードに魂を入れることで、現在も、日々、クレドカードに魂をいれようと奮闘中です。

ビジョン、クレドを実践して、4年が経ちます。ありがたいことに、今まで以上に素晴らしい方々、素晴らしい言葉とご縁に恵まれるようになりました。

最近特に、痛感することは、5000人の経営者をコンサルティングしたといわれる、一倉定さんの名言の「いい会社、悪い会社はない、いい社長、悪い社長がいるだけだ」という言葉です。いい結果、悪い結果になるのも、全ての原因、責任は、社長、リーダーにあるということです。

では、いい社長とは、どんな社長なのでしょうか?
私がたくさんの経営者にお会いして、思うことは、正しい理念・ビジョンを持っていることだと思っております。

江戸時代の近江商人が唱えた経営哲学に、「三方よし」という考え方があります。
それは、売り手であるお客様、買い手である企業側、さらに、世間によいという三方よしの会社は長く、成長、発展するという商売哲学です。

大切なことは、“売り手”と“買い手”と“世間”が一体化すること、そして、その3つをつなぐところには、経営者が掲げる理念・ビジョンがあるのではないでしょうか。
三方よし精神が掲げられている理念・ビジョンでこそ、社員は、イキイキといい仕事をするのではないかと思います。

たしかに、会社のビジョンには、形として、三方よし、お客様第一、クライアントファーストを掲げている会社は多いと思いますが、実際には、社員にまで浸透して、本気で、ビジョンに魂を入れて、実践されている会社は少ないのではないかと思います。

社長自らが、こだわって、本気になって三方よしを徹底して行動に移す。それには、社員に対して、繰り返し伝えることも大切です。
お客様から愛され、感動が生まれるというのも、そのこだわりの先の感動分岐点を越えるところにあるのではないでしょうか。

私が困難なことにぶち当たった際に、立ち返る書として、「ビジョナリーカンパニー」、「ビジョナリーカンパニー2」があります。そこには、「良好(GOOD)は偉大(GREAT)の敵」と述べられています。GREATな会社を目指すなら、こだわりを持って、そこそこのGOODで終わらせてはいけないと思います。
 GREATを目指し、ぶれない軸をもっている社長の下には、自然と素敵な社員、お仲間のご縁に恵まれ、その社長のリーダーシップのもと主体的に人が動くのではないかと思います。
 

株式会社オーナーズブレイン 代表取締役 公認会計士 小泉 大輔

株式会社オーナーズブレイン 代表取締役 公認会計士 小泉 大輔

・所属・役職
株式会社オーナーズブレイン 代表取締役
公認会計士
 
・略歴
朝日監査法人(現あずさ監査法人)、新日本監査法人を経て現職。
株式公開、M&A、内部統制のコンサルティング業務を主たる業務とする。
 
・著書・訳書など
『コーポレート・ガバナンス報告書 分析と実務』2007年4月(共著、中央経済社)
『要点解説 金融商品取引法』2007年10月(共著、中央経済社)
「財務スキル教室」(「クオリティー・マネジメント」‐日科技連)
「金融商品取引法に向けた企業の対応」(「クオリティー・マネジメント」‐日科技連)等
 
株式会社オーナーズブレインURL http://ownersbrain.com/

ニューチャーの関連書籍

『デジタル異業種連携戦略』
『デジタル異業種連携戦略』
優れた経営資産を他社と組み合わせ新たな事業を創造する
高橋 透 著(中央経済社出版)
2019年11月13日発行
ISBN-13 : 978-4502318511

 

『技術マーケティング戦略』
『技術マーケティング戦略』
技術力でビジネスモデルを制する革新的手法
高橋 透 著(中央経済社出版)
2016年9月22日発行
ISBN-10: 4502199214

 

『勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法』
『勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法』
「エコシステム・ビジネスモデル」「バリューチェーン」「製品・サービス」3階層連動の分析により、勝利を導く戦略を編み出す!
高橋 透 著(中央経済社出版)
2015年1月20日発行
ISBN:978-4-502-12521-8