Seminar

セミナー&講演情報

  1. HOME
  2. セミナー&講演情報
  3. BtoB企業における 技術マーケティングと潜在ニーズ、新規事業テーマの発掘

BtoB企業における 技術マーケティングと潜在ニーズ、新規事業テーマの発掘

日時

2022年5月9日(月) 10:00~17:00

概要

★自社の保有技術と顧客ニーズをつなげる仕組みをどのように作り上げるか!

【Live配信セミナー】

BtoB企業における 技術マーケティングと潜在ニーズ、新規事業テーマの発掘

■ 講師

1.サーマルセミコンデザイン(株) 代表取締役 外谷 栄一氏
2.横河電機(株) 常務執行役員 マーケティング本部長 CMO 博士(技術経営) 阿部 剛士氏
3.(株)ニューチャーネットワークス 代表取締役 高橋 透氏

■開催要領

日時:2022年5月9日(月)10:00~17:00
会場:Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
   Live配信セミナーの接続確認・受講手順は「こちら」をご確認下さい。
聴講料:1名につき66,000円(消費税込み、資料付) 
    〔1社2名以上同時申込の場合1名につき60,500円(税込)〕
    大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
    詳しくは「アカデミック価格」をご覧下さい。

■プログラム

<10:00~12:00>

【第1部】技術マーケティングによる潜在ニーズの発掘と新規事業へのつなげ方

サーマルセミコンデザイン(株) 代表取締役 外谷 栄一氏

【講演趣旨】
B to Bにおいては、研究開発による刷新的な技術の確 立や顧客企業が要求している新商品を常に創出し、経営を継続的に安定させることが求められています。このためには、開発初期から技術マーケティングによる外部環境調査や適社性を考慮しながら研究開発活動とマーケティング活動を両輪で運用し、成果が出やすい体制作りを考慮する必要があります。さらに成果を定量的に評価するための仕掛け作りや数値化の工夫が必要です。東芝グルー プ執行役員在籍中に積み重ねた経験と元京セラ社長 西口泰夫氏にご指導いただいた技術経営手法をお伝えできればと思います。 一方的な講演ではなく、時間のゆるす限り皆様とのQ&Aが出来れ ばと考えています。

【講演項目】
1.研究開発の成果を得るために大切なこと
2.成果の出やすい社内体制作りと運用方法の見直し
3.研究開発活動とマーケティング活動との併用
4.ステージゲート法による研究開発の進捗管理
5.企業情報を得るためのプロモート活動
6.学会・展示会の有効活用
7.研究開発活動の進捗評価
8.研究開発活動における成果とは
9.研究開発活動の半定量評価
10.開発事例紹介「厚さ方向800W/(m・K) 熱伝導シートZebro」

【質疑応答】


<12:45~14:45>

【第2部】B2B企業におけるR&Dと21世紀イノベータの使命 ~マーケティング・マインド技術者育成~

横河電機(株) 常務執行役員 マーケティング本部長 CMO 博士(技術経営) 阿部 剛士氏

【講演趣旨】
VUCA Worldのもと今世紀のマクロ環境変化は著しい。 B2B企業、とくに「モノ作り」を生業としてきた企業は、まさに戦略的転換期を迎えている。企業やビジネスの外部環境変化を鑑み、B2B企業におけるR&Dの使命と戦略、ならびに21世紀のイノベータの在り方はどうあるべきかを問う。

【講演項目】
1.世界の外部変化と動向
2.Technology does matter!
3.企業におけるR&Dの役割と使命
4.マーケティングの重要性
5.マーケティングマインドの企業だけが生き残る
6.YOKOGAWAのマーケティング組織とR&D活動について
7.オープン・イノベーションの重要性
8.21世紀型イノベータの使命

【質疑応答】


<15:00~17:00>

【第3部】BtoB企業における 技術マーケティング戦略の進め方

(株)ニューチャーネットワークス 代表取締役 高橋 透氏

【講演趣旨】

研究者、設計者、生産技術者にもマーケティングスキルが必須の時代になりました。

技術をベースとした企業のマーケティングは、一般のマーケティング論とは全く異なるアプローチ方法をとります。ポイントは技術マーケティング戦略の3つの要素の企画です。1つ目は自社の「コア技術の開発戦略」の見極め、2つ目はとそのコア技術による「市場イノベーション」の可能性の分析、そして3つ目はそのイノベーションの鍵となる「顧客提供価値」の企画構想です。「市場イノベーション」では自社のコア技術で市場規模をビジネス開始後3-5年で現状の2倍以上に拡大できることが前提となります。構想段階でこの3つの概念が明確でければ、実際の事業では勝てません。

技術マーケティング戦略とは、技術開発に本格的に着手する前段階で、戦略構想を企画することです。グローバルでの市場競争が厳しい今日では「成長市場だから当社も参入する」では通用しません。自社が勝てる技術のマーケティング戦略が必須です。

【講演項目】
1.技術開発が儲けにつながらないのはなぜか?
  1.1 日本の製造業の問題・課題と生かすべき強みとは何か
  1.2 技術をビジネスの儲けに変える日本企業の強みとは
  1.3 日本の製造業の成功要因
2.技術マーケティング戦略の基本コンセプト
3.仮説企画検証によるリーンな技術マーケティング戦略企画の重要性
  3.1 技術開発や新事業開発で“成功する人”“失敗する人”
  3.2 仮説企画検証型の「リーンスタートアップ」での企画開発
  3.3 技術マーケティング戦略における仮説企画検証とは
4.技術マーケティング戦略企画の重要性
5.技術マーケティング戦略仮説構想のための3つのツール
6.技術マーケティング戦略の進め方
  6.1 ステップ1:戦略仮説とプロジェクトの与件設定
  6.2 ステップ2:マクロトレンド分析、4階層分析
  6.3 ステップ3:技術・スキル拡張軸の設定
  6.4 ステップ4:顧客ベネフィット拡張軸の設定
  6.5 ステップ5:事業ドメインマップの作成
  6.6 ステップ6:有望市場調査とターゲット市場の絞り込み
  6.7 ステップ7:ターゲット市場の調査分析
  6.8 ステップ8:ターゲット顧客への提案、コミュニケーションの実施
  6.9 ステップ9:競合ベンチマーキング分析
  6.10 ステップ10:あるべき姿の構想と成功要因分析
  6.11 ステップ11:「技術マーケティング戦略構想書」の作成
7.技術マーケティング戦略モデル
  7.1 技術マーケティング戦略を支える重要な2つの個別戦略とは
  7.2 技術マーケティング戦略を成功させる人材の選び方、組織の作り方
  7.3 成功に導くブレークスループロジェクトの進め方

【質疑応答】

技術情報協会HPより抜粋

主催

技術情報協会

お申し込み・お問い合せ

技術情報協会

〒141-0031 東京都品川区西五反田2丁目29−5 日幸五反田ビル 8F

TEL :(03)5436-7744
FAX :(03)5436-7745

http://www.gijutu.co.jp/
E-mail : info@gijutu.co.jp

お申し込みはこちら

セミナーNO.205501

関連セミナー&講演情報

ニューチャーの関連書籍

『デジタル異業種連携戦略』
『デジタル異業種連携戦略』
優れた経営資産を他社と組み合わせ新たな事業を創造する
高橋 透 著(中央経済社出版)
2019年11月13日発行
ISBN-13 : 978-4502318511

 

『技術マーケティング戦略』
『技術マーケティング戦略』
技術力でビジネスモデルを制する革新的手法
高橋 透 著(中央経済社出版)
2016年9月22日発行
ISBN-10: 4502199214

 

『勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法』
『勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法』
「エコシステム・ビジネスモデル」「バリューチェーン」「製品・サービス」3階層連動の分析により、勝利を導く戦略を編み出す!
高橋 透 著(中央経済社出版)
2015年1月20日発行
ISBN:978-4-502-12521-8