業務改善・プロセスマネジメント研修

Share

組織のパフォーマンス向上や目標達成を確実に行なうためには、それを実現する過程を測定、評価する必要があります。そのためには、組織に投入された資源(インプット)に対して、そこで生み出される価値(アウトプット)を最大化できるように業務プロセスを組み立てる必要があります。

本研修では、自社の部門・組織の業務プロセスを可視化することで、社員のコスト意識を高めるとともに、業務上の問題点を定量的に明らかにします。そして、他社よりも競争力ある業務設計とその実行についての習得を目的とします。

対象部門

  • 経営企画、管理部門のスタッフ
  • 製造部門のリーダー、スタッフ
  • システム部門のリーダー、スタッフ
  • 営業部門のリーダー、スタッフ

成果

  • 顧客に価値を生み出す一連の流れを把握することができます
  • 定量的に組織活動を把握することができます
  • 組織のメンバーのコスト感覚を磨きます
  • 業務の視点から自社の強みや弱みを見つけ、新しいビジネスモデル構築のきっかけとなります

メソッド

  • ワークブレークダウンストラクチャー(WBS)
  • リレーションマップ分析
  • クロスファンクショナルプロセスマップ
  • コストプロセスマップ
  • 活動基準原価管理(Activity-Based Costing)
  • バランスト・スコアカード

ステップ

step01
業務プロセス分析の全体像
  • 業務プロセスとは
  • バリューチェーンのマネジメント
  • バリューチェーンのプロセスの種類と成果
step02
問題・課題の明確
  • 業務課題をみつけるための問題課題分析
  • あるべき業務プロセスについてのディスカッション
  • 既存の業務課題の定性的把握
step03
業務プロセスの分析
  • 業務プロセスの分析・設計の概要
  • 業務プロセス分析・設計の進め方
  • 5ステップによる自部門・組織の業務把握
step04
改善案の検討
  • 業務分析の実施・活用のイメージ
  • 業務改革・改善の7つの視点
  • プロセス横断の改革・改善の手法、ツール
  • プロセス別の改革(サプライチェーン、イノベーション、本社サービス部門など)
step05
取り組み課題と目標の設定
  • 業務プロセスの評価・検証
  • あるべき業務プロセスの設計
  • プロセス改善による効果シミュレーション
  • 効果/実行性マトリクス
step06
アクションプラン作成
  • ビジネスモデルの作成
  • アクションプランの作成
  • プロジェクトメンバーの選出
step07
実行計画の作成
  • ブレークスルーゴールの設定
  • BSCの4つの視点による目標設定
  • アクションリストの作成

研修の業績

管理間接部門の業務課題解決・効率化 食品メーカー 管理部門社員
ABMを活用した業務改善・改革 ユーティリティ 送電部門
ABMを活用した業務改善・改革 住宅資材メーカー 営業部門、事務管理部門、製造部門
総合電機メーカーにおけるソリューション提案書作成支援 総合電機メーカー 営業、営業企画部門
Share