マーケティング戦略実践研修

Share

インターネットや携帯端末などの情報技術が隅々まで普及したことにより、企業よりもむしろ顧客、消費者の方が多くの情報をもつようになりました。そのような中でマーケティング戦略とは、商品、サービスに関する戦略企画はもとより、事業や企業そのものを顧客視点で考えていく方向にあります。つまりこれからのマーケティング戦略とは、異なる部門、組織、必要によっては他社といかに連携し、それぞれの活動をインテグレートし、顧客提供価値を創造できるかという戦略であるとも言えます。

本研修では、単体の商品、サービスレベルを超え、徹底した顧客視点で、企業や事業レベルで競争優位を構想することを学びます。特に、ビジネスモデル戦略や事業ドメイン戦略、ブランド戦略など、顧客視点からの差別化の構造を、実践テーマを題材に学習します。

対象部門

  • 事業部トップ
  • 事業企画部門
  • 各機能部門の課長、メンバー
  • 商品企画、マーケティング戦略に関わる部門のメンバー

成果

  • 顧客視点から見た場合の企業、事業の問題、課題を明確にします
  • 個別商品、サービスの差別化ではなく、ブランド、事業、企業の差別化の構想に関して学習します
  • 顧客視点で構想したマーケティング戦略実現のための社内外の組織や活動のインテグレーションの方向を学習します
  • 差別化の主な戦略モデルを実践的に学びます
  • ケーススタディを通じて事業や企業レベルのマーケティング戦略のベストプラクティスを学び、さらにそれを活用して自社のマーケティング戦略を構想します

メソッド

  • 顧客セグメンテーション 、ターゲティング、市場ポジションニングなどの基盤ツール
  • マーケティング・ミックス(価格、広告、チャネル、製品)の実践手法
  • ビジネスモデル戦略(収益構造)
  • 市場創造戦略
  • 競争戦略
  • ブランド戦略
  • ドメイン戦略

ステップ

step01
独自の価値創造とそのためのインテグレーションとは
  • 収益、企業価値の視点からみた独自の価値の重要性
  • 独自の価値の源泉「コア・コンピタンス」「事業ドメイン」「ビジネスモデル」
  • 価格に関する方針とブランド力、利益創出力
  • 独自の価値創造のための人・組織のインテグレーションとその課題
step02
独自の価値創造のための実践的分析ツールの学習
  • ビジネスポートフォリオ分析
  • 顧客セグメンテーション分析
  • 競合他社分析
  • プロダクトライフサイクル分析
  • 事業ドメイン分析
  • ビジネスモデル分析
  • 競争ポジショニング分析 など
step03
差別化の構造をつくるマーケティング戦略の実践的学習
  • 商品戦略からブランド戦略へ
  • 商品戦略からカテゴリー戦略へ
  • 商品戦略からビジネス・アーキテクチャー戦略、ビジネスモデル戦略へ
  • 短期思考からライフサイクル戦略へ
  • 参入戦略だけでなく市場創造戦略へ
  • 技術戦略から顧客価値戦略へ
step04
ケーススタディを活用したマーケティング戦略の実践
  • ケーススタディを使った演習
  • ターゲティング顧客
  • 価格戦略、販売チャネル戦略、プロモーション戦略、商品戦略
  • 市場ポジショニング、顧客提供価値
  • 事業ドメイン戦略、ビジネス・アーキテクチャー戦略、ビジネスモデル戦略
step05
マーケティング機能別戦略の構想(ケーススタディを題材に)
  • マーケティング戦略と商品企画開発戦略
  • マーケティング戦略と技術開発戦略
  • マーケティング戦略と営業戦略
  • マーケティング戦略と品質、物流、生産戦略
  • マーケティング戦略実現のためのインテグレーションの方法
step06
差別化された価値の実現のためのインテグレーション(自社のケースで)
  • クロスファンクショナルなプロジェクトチームの組織化
  • 基本ツールの組織での理解、共有
  • 業務の中での情報収集、分析ワークの方法
  • マーケティング戦略企画構想の場作り
  • トップの意思決定の場作り

研修の業績

戦略思考ワークショップ 化学メーカー 一般社員
マーケティング研修 電力関連財団 一般社員、部課長
研究、開発担当向け
マーケティング実践

化学メーカー
(スペシャリティケミカル)

開発担当者
戦略商品に関する
新製品マーケティング戦略実践
食品、飲料メーカー 商品企画部門、マーケティング部門
情報通信サービスに関する
マーケティング戦略実践
情報通信サービス マーケティング部門
ロングヒット商品開発のための
マーケティング戦略実践
トイメーカー 商品企画部門、マーケティング
家電、情報端末機器開発のための
マーケティング戦略実践
大手家電メーカー 商品企画部門
Share