ドメイン・イノベーション研修

Share

短期的視点のみで事業を展開することは危険です。思わぬ所で新しいビジネスモデルや技術が台頭し、市場ごと置き換えられてしまうリスクがあるからです。そのため企業はマクロ市場分野の中長期トレンドを俯瞰的にモニタリングし、将来の布石を的確に打っていくことが求められます。このような中長期の視点の取り組みは、製造業においては特に研究開発部門のミッションとして求められます。なぜなら研究開発自体が、中長期的な時間スパンでの取り組みが必要となるからです。

本研修では、研究開発部門を主な対象として、市場分野のトレンドを踏まえて、次世代のビジョン、事業ドメイン、技術ドメインを創発的に策定するための考え方を理解して頂きます。さらにドメインレベルの戦略およびビジネスモデルを策定し、戦略視点からの研究開発テーマの設定の考え方も理解します 。

対象部門

  • 研究開発部門の技術系人材
  • 事業部の技術系人材
  • 中期経営計画を立案したい事業企画・経営企画スタッフ

成果

  • ドメインの創造は技術者のミッションであることを理解します
  • 有望な次世代ドメイン、さらにビジョンを策定します
  • 創発的アプローチによりドメインを策定するプロセスを理解します
  • ドメインレベルの戦略策定、技術開発課題を明確化します

メソッド

  • ドメイン戦略の手法
  • 通常のマクロ市場調査だけでなく、特許分析による競合他社の出願状況からの有望市場分野の想定
  • マクロ市場分野における変化ドライバーの抽出、変化シナリオ想定(楽観、中立、悲観)
  • 他業界のベストプラクティス企業のビジネスモデルからの戦略仮説の想定
  • 戦略仮説の整理・グルーピングによる事業ドメイン、技術ドメインの策定
  • 異なる市場分野の境界領域における独自ドメインの形成

ステップ

step01
いま研究開発に求められている取り組みとは
  • 製造業を取り巻く環境 ~複雑性、不確実性、変化スピードの増大~
  • ビジネスにおけるイノベーションとは
  • 技術ベースのドメイン戦略
  • 研究開発部門の今後のミッション ~中長期のドメインの創出~
step02
次世代のビジョン・事業ドメイン・ドメインの策定
  • 市場分野における戦略仮説の整理
  • 戦略仮説の優先度付けと有望戦略仮説の選定、有望戦略仮説のコンセプト化
  • 事業ドメインおよび技術ドメインの設定、ビジョンの設定
  • 俯瞰的な視点からの戦略仮説の追加や修正
step03
ドメインレベルの技術ベースの戦略策定と研究開発テーマの設定
  • 市場特性分析(業界、顧客、競合、マクロトレンド)、技術特性分析
  • 技術ベースの戦略策定
  • 戦略実行における課題のブレイクダウン(事業面、技術面)
  • 市場・事業・技術ロードマップ作成、研究開発テーマの設定
  • 技術開発課題のアプローチ(社内の技術資源の複合化、技術ライセンス、共同研究、M&Aによる技術獲得 など)

研修の業績

技術ベースの新規事業ドメインの
創発的な探索の具体的なスキルの習得
食品メーカー、総合電機メーカー 研究開発、技術系主任、管理職
ドメイン・イノベーション 組立加工メーカー 研究開発
ドメイン・イノベーション 精密機械メーカー 商品企画、開発、製造
ドメイン・イノベーション 化学メーカー 研究開発
ドメイン・イノベーション ユーティリティ 建設部門
Share