ブレークスループロジェクト

Share

コンセプト

競争のスピードが過去とは比較にならない程早くなっている現在、組織がこれまで培ってきたノウハウや経験を元に対応していたのでは、市場に取り残されてしまいます。

経営のスピードを高めるためには、結果に焦点をあてて、従来のやり方や考え方に捉われずに、「目に見える最終結果を短期間」で達成するアプローチを追及していく必要があります。そのためには、組織にやらされ感があっては早期の成果達成は望めません。メンバーや個人が意欲的、挑戦的な環境を作り上げなければなりません。

ブレークスループロジェクトを実施することで、自社が抱えている問題把握とその解決策を見つける方法を仕組み化します。プロジェクトを通じて、組織・個人の目標と責任が明確になり、目標達成を徹底的に追及するようになることを目的とします。


 

視点1 プロジェクトテーマを設定する

  • 部門、組織が直面している緊急的な課題を明確化する
  • 取り組むべきテーマを選定する
  • プロジェクトリーダーと実施担当者を決定する

視点2 緊急状態の共有と目標設定を行う

  • トップダウンで大きな方向性を示す
  • 緊急の状態であることをメンバーで認識する
  • 短期的に達成が可能でストレッチな目標を設定する
  • トップに対して達成目標を示し、合意を得る

視点3 アクションプランを立案する

  • 目標達成に向けた具体的なアクションプランを作成する
  • 短期間で成果を実現させる方法を検討する
  • トップへアクションプランを提示する
  • トップから実行メンバーへ権限やリソースを付与する

視点4 現場で実践する

  • メンバー、事務局、コンサルタントによる定期ミーティグを実施する
  • 目標達成が可能な場合は、ストレッチ目標を設定する
  • 目標達成が困難な場合は、アクションプランの見直し、修正を行う
  • プロジェクトメンバー以外の人材・組織を巻き込こむ
  • プロジェクト成功体験のメンバー間共有と、その横展開を行う
  • 活動中は事務局、コンサルタントが進捗状況を毎日確認する

視点5 成果検証・経営計画へフィードバックする

  • 活動内容に対する現場担当からのフィードバック、緊急課題の早期解決プロセスを確立する
  • 従来の取り組みとブレークスループロジェクトでの取り組みの違いを整理する
  • ブレークスループロジェクトでの成功要因を分析する
  • 次期経営計画へ反映する

コンサルティングの実績

教育機関 拠点型ビジネスのボトムアップ型の現場活性化の実行支援
ユーティリティ 営業現場の組織活性化を図るための目標設定と実行施策づくり
食品メーカー 組織横断的営業によるグループ企業の収益力向上プロジェクト実施支援
化学メーカー 社内コンサルティング事業の構想と立ち上げ支援
住宅建材メーカー 顧客企業の業績向上に向けた営業担当者の能力強化支援
情報通信インフラ ボトムアップ力強化による風土革新と業務革新力の向上
Share