バランスト・スコアカードによる戦略マネジメント

Share

コンセプト

組織や人を動かすには、組織機能別の目標が必要です。戦略とは社内外の組織に対して示された“概念設計”であり、それらを具体的な行動に落とし込むには、その概念をスペック化、つまり目標化する必要があります。バランスト・スコアカード(BSC)は、戦略で示された概念を、

  1. 財務の視点
  2. 顧客満足の視点
  3. 業務プロセスの視点
  4. 学習と成長の視点

の4つの視点の指標とその因果関係を明らかにしながら、現場での実行レベルまでブレークダウンする手法です。同時にBSCは、戦略の実行プランの作成を通じて、組織内での戦略の共有化とコミュニケーションを促進するものであり、さらに指標を活用して戦略プロジェクトの実行過程のモニタリングを行う際のツールでもあります。

本プログラムは、組織の現状分析から戦略企画、事業計画、アクションプラン作成と戦略実行のモニタリングまでをBSCの概念を活用して進めるものです。

 

12


 

視点1 BSCの視点で経営診断と戦略企画を行う

  • 財務、顧客満足、業務プロセス、学習と成長の視点での経営診断を行う
  • BSCの視点と関連付けながら経営戦略、事業戦略を策定する

視点2 戦略ビジョンのスペック化としての戦略マップを作成する

  • 戦略という概念を4つの視点でスペック化し、指標間の因果関係をつくる
  • 事業特性と戦略ビジョンの特徴を把握した上で非財務指標の見える化を行う

視点3 経営トップのコミットメントとクロスファンクショナルチームで企画作業を行う

  • プロジェクトの初期の段階、中間レビュー、最終意思決定に経営トップがコミットメントする
  • クロスファンクショナルチームを組織化し、企画作業を進める
  • 関連する事業部幹部のサポートを得る仕掛けをつくる

視点4 BSC戦略ファシリテーターを育成する

  • 戦略企画と実行プロジェクトの企画、実行モニタリングとフォローを行う“戦略ファシリテーター”を組織化する
  • “戦略ファシリテーター”に対し、BSCによる戦略マネジメントにかかわる知識教育を行う
  • 事務局、コンサルタントが一体となり“戦略ファシリテーター”を後方支援する

コンサルティングの実績

化学メーカー BSCによる中期経営計画策定と目標管理、業績管理制度への落とし込み
住宅建材メーカー BSCによる中期経営計画策定と目標管理への落とし込みと実行モニタリング
電機メーカー BSCによる中期経営計画策定ワークショップの運営支援
飲食サービスチェーン BSCによる戦略プロジェクトマネジメントの管理システムの構築
精密機器メーカー ケーススタディと実践テーマを使った幹部社員向けBSCの実践教育
Share