株式会社マーケティング研究協会主催:生産財・産業財企業 がグローバルで勝つための「マーケティング戦略を実行する仕組みと人材育成」セミナー~ マーケティング&営業活動をグローバルで捉え、持続的な収益を獲得する ~ 講師:高橋 透

カテゴリー:,
Share
日時 2012/12/18(火) 13:00~16:45
概要

生産財・産業財企業で、重要さが増しているマーケティング活動について、具体的にどのような視点で展開すればよいのか?などの基本コンセプト、戦略をご理解いただけます。グローバル市場&成熟市場で、企業としてどのようなマーケティング戦略をとれば良いのか?について実践的方法が学習できます。生産財・産業財マーケティングを推進する上での組織作り、人材育成について、部門横断的組織活動の進め方や、実践での営業メンバーの育成、教育方法についてご理解いただけます。

【セミナー概要】

 
I.生産財・産業財の成功要因は営業・マーケティングにある?
   ・市場・顧客起点でなければ組織は存続できない
   ・技術・製品をリードする営業・マーケティングが必要
   ・生産財・産業財のマーケティングは一般のマーケティングとまったく異なる
   ・自社独自の営業・マーケティング戦略と実践法がなければいけない

Ⅱ.グローバルで勝てる&競合他社に勝る営業、マーケティング戦略を持っているか?
   ・日本での製品をスライドさせることの限界とリスク
   ・新興国市場を含めたグローバル営業・マーケティング戦略が必要かつ重要
   ・グローバルでの営業・マーケティグの基本フレームは「ボリューム」と「価格」
   ・地域、国のセグメント分析と選択の方法 
   ・日本人では限界がある。営業・マーケティングの現地化が急務

Ⅲ.グローバル営業・マーケティング戦略の基本視点
   ・競合ベンチマーキングを通じて自社製品・技術の強みを冷静に分析する
   ・参入国、地域を徹底調査分析し、ターゲットを決める
   ・中長期視点での営業・マーケティングビジョンを描き、トップのコミットを得る
   ・価格とボリュームを基軸とした具体的なビジネスプランを描く
   ・参入の切り口を企画する(ライセンス、合弁、高度部品輸出、高度な加工など)
   ・現地営業・マーケティング組織体制づくり
  
     【事例で解説】 電子材料、電子精密部材・部品、自動車部品メーカーの取組紹介

Ⅳ.グローバルで営業マーケティング戦略を実行に移すための仕組み作りと人材育成
   ・グローバル営業・マーケティングの組織体制(本社と現地の関係)
   ・日本人管理職の選抜、役割、育成方法
   ・エンジニアのグローバル営業・マーケティングへの活用
   ・現地社員の人事戦略(採用、育成、配置)とマネジメント
   ・現地社員と現地日本人合同の営業・マーケティング実践研修
   ・短期の目標を設定したブレークスループロジェクトでの早期の成果
   ・海外営業拠点における法務、経理、人事機能

 

こんな方にお薦めです

どの業界の方でも参加可能ですが、ご紹介する事例の特性上、法人顧客・技術市場を舞台に活動されている生産財・産業財企業(原材料、素材、化学製品、部材、部品、機械、重工業、システム、ソフトウエアなど)の下記部門の方向けのセミナーです!!
 
事業戦略・企画部門、マーケティング戦略部門、営業企画・営業部門、製品企画部門、人材開発部門 などの幹部、またはご担当者さま向け

(株式会社マーケティング研究協会HPより抜粋)

マーケティング研究協会HP 詳細情報はこちら

生産財・産業財企業 がグローバルで勝つための「マーケティング戦略を実行する仕組みと人材育成」セミナー (セミナーNo. 0902149 )

主催

株式会社マーケティング研究協会

講師

◆株式会社ニューチャーネットワークス 代表取締役 高橋 透

会場

マーケティング研究協会 セミナールーム

〒162-0814
東京都新宿区新小川町6-29 アクロポリス東京9階
TEL 03-5227-5711

最寄駅 : JR飯田橋駅東口、東京メトロ飯田橋B1出口より徒歩10分

 

費用 38,000円+消費税1,900円=合計39,900円
お申し込み
お問い合せ

お申し込みはこちらから

株式会社マーケティング研究協会

TEL : 03-5227-5711

Share