デジタルB2Bマーケティング 第11回:モノづくりのコアコンピタンスをデータビジネスに展開する

Share

デジタルB2Bマーケティング第11回モノづくりのコアコンピタンスをデータビジネスに展開する

■本業が儲からずその周辺の製品・サービスが儲かるケース

「本業が儲からず、その周辺の製品・サービスの方が利益がでる」といったことは珍しくなくなりました。本業がコモディティ化し、価格競争になり、利益がとれなくなる。その本業をベースにした、周辺のビジネスが拡大するのです。業界の中核のビジネスの利益率が減少し、周辺のビジネスの利益率が高いことをスマイルカーブと呼びます。業界の中核のビジネスからすれば「なにがスマイルだ!」と言いたくなる現象です。

■市場に対しモノをつくる企業が多すぎるのではないか?

確かに中心となる製品・サービスは、会社の中でも「本業」と呼ばれ、多くの優秀な人材が集められ、市場規模も大きいため投資も積極的に行われます。しかし、多くの産業は1990年バブル崩壊前には日本国内でも過当競争で、1900年代後半からはそこに中国、韓国はじめアジア・新興国が参入し、グローバル市場であったとしても過当競争、つまり市場の大きさに対し参入企業が多すぎる状況になっています。その結果、価格競争が長期間続き、企業は疲弊しています。そういった中で、新事業として細々始めた本業周辺事業が意外に高い利益率を確保していることが多いです。それはなぜでしょうか?モノづくりで鍛え上げたコアコンピタンスを、その周辺に展開し、独自の競争領域をつくり、競争優位を勝ち得ているからです。

■モノづくりの会社のコアコンピタンスは何か?

製造業のコアコンピタンス(コア技術などの中核能力)は、確かにモノづくりの周辺にあります。モノづくりの技術は大まかに言えば、要素技術を開発し、それを組み合わせ設計し、製造技術を確立し製造し、品質管理するところにあります。そのそれぞれの技術、スキルはかなりの専門的知識、スキルです。ところがモノづくりの企業は、その専門知識、スキルにあまり注目せずにアウトプットであるモノに注目し、投下資本をモノだけで回収しようとします。モノは品質の善し悪しの差はあっても、市場は飽和して競争が厳しく、利益を上げるのが難しいです。そこで考えるべきことは、コアコンピタンスである要素技術開発、開発設計、製造、品質管理など、専門知識、スキルをサービスや情報という形態でビジネスに出来ないかということを検討することです。コアコンピタンスを使って周辺ビジネス、特にデータビジネスへの転換を考えるのです。コアコンピタンスを活用し、モノづくりに関わることを「データ化」出来れば、モノづくり企業でありながらデータビジネス化に変身可能です。

■自社のコアコンピタンスをデータビジネス化する

具体的にどんなことが出来るのでしょうか。いくつか例を挙げてみました。

①B2Bの自社製品・サービスと他社の製品・サービスを、モジュール、完成品として組み合わせた場合の
 シミュレーションサービスや部材、部品の解析サービス(自動車のAVL)

②自社の製品・サービス周辺の標準設計ツール提供ビジネス(半導体のアーム)
③自社製品サービスにこだわらず、同業界の製品・サービスの故障検知、修理メンテナンスサービス
④複数の顧客を結び付けたプラットフォームによる調達、開発、生産、物流のシェアリングビジネス
 (特に中小企業向け)

⑤顧客企業の調達代行ビジネス(評価、選定、ロット購買)
⑥顧客の製品・サービスの営業代行(インサイドマーケティング)
⑦関連する製品・サービスの詳細データ付きのオンラインショッピング

いずれも大きな発想転換が必要です。また企業の市場ポジションによっては出来ないビジネスもあります。特にシェアが大きい企業はやりにくいでしょう。一方業界4位以下であれば、利益インパクトはさほどない場合が多いと思います。

 

 

★ニューチャーネットワークスコラムサイト「Global Age
★ニューチャーネットワークスでは月2回メールマガジン「グローバル・エイジ」を刊行しております。
「グローバル・エイジ」の登録はこちら
★ニューチャーネットワークスへのお問い合わせはこちら

☆書籍のご案内『デジタル異業種連携戦略』
高橋透 著(中央経済社出版)

戦略・開発部門,アライアンス,ジョイントベンチャーの担当者必読!!
優れた経営資産を他社と組み合わせ,新たな事業を創造する

現在,日本企業の多くは,既存製品・サービスの性能向上やコストダウンに注力していますが,こうしたビジネス展開はすでに行き詰まっています。顧客からの要求は果てしなく,要求に応え続けることで組織の疲弊を招き,自社を限界へと導くからです。このような現状からの方向転換を図るのが「デジタル異業種連携戦略」です。
IoTやAIなどのデジタルテクノロジーを活用し,自社が持つ優れた経営資産を異業種の経営資産と組み合わせることで,これまで関わりのなかった新市場や新規事業への参入を可能にします。
本書では,デジタル異業種連携を実現するための戦略の立て方とその実践方法を具体的に解説します。

デジタル異業種連携戦略

2019/11/13発行
定 価:3,520円(税込)
ISBN-10: 4502318515
ISBN-13: 978-4502318511

【関連コラム】

vol.185 デジタルB2Bマーケティング 第10回:部分の立場で顧客の経営・事業戦略に影響を与える
vol.184 デジタルB2Bマーケティング 第9回:ビジネスモデルへの違和感は何か?
vol.183 デジタルB2Bマーケティング 第8回:部分だが全体との相互関係を持たせる
vol.182 デジタルB2Bマーケティング 第7回:B2Bで新たな市場(文脈)を見つけるには
vol.181 デジタルB2Bマーケティング 第6回:B2Bビジネスで新文脈をみつけることとは
vol.180 デジタルB2Bマーケティング 第5回:モジュール化戦略を素材、部材に適応する
vol.179 デジタルB2Bマーケティング 第4回:素材や部材の経験価値
vol.178 デジタルB2Bマーケティング 第3回:製品・サービスのデジタル価値を考えているか?
vol.177 デジタルB2Bマーケティング 第2回:B2Bビジネスの危機感
vol.176 デジタルB2Bマーケティング 第1回:製品特性によって異なるB2Bマーケティング
vol.164 商品企画開発は誰の仕事か?むしろあいまいな位置づけでよい
vol.162 商品開発にとってなぜビジネスモデルが重要なのか?
vol.161 「商品」の定義がまちがっていないか?
vol.158 情報やサービスが商品開発に組み込まれているか
vol.157 なぜわが社は顧客の価値観変化についていけないのだろうか?
vol.141 新価値創造のためのデジタル異業種連携戦略とは
vol.137 これでいいのか?日本企業の新規事業の取り組み方
vol.135 デジタル時代の既存の大企業の強みとは
vol.129 いまもっとも効果的な新事業開発法は何か
vol.121 異業種連携を仕掛ける企業や人が社会をリードする
vol.114 「異業種連携による新規事業開発」アイデア出しまでは進めても事業化は簡単ではない
vol.103 「挑戦すること」は重要な経営資産だ! ~大企業が新事業で成功するための考え方と方策~
vol.96 技術マーケティング戦略によるオープンイノベーション
vol.93 会社や組織のやり方に納得していない技術者へ贈る「技術マーケティング戦略」
vol.76 技術マーケティング戦略(2)
vol.75 技術マーケティング戦略(1)
vol.72 技術マーケティング戦略のための真の技術経営人材育成
vol.70 サービス化する技術
vol.69 既存技術での異業種市場参入
vol.65 IoT(Internet of Things)時代にこそ技術の原点に戻って考えること
vol.64 技術のゴールは製品ではなく価値にあり

【ニューチャーの関連商品】

〇コンサルティングサービス
オープン・イノベーション戦略
技術マーケティング戦略
新製品・新事業戦略
組織横断(クロスファンクショナル)プロジェクト
M&A・アライアンス戦略

その他のコンサルティングサービスはこちら

〇研修
オープン・イノベーション戦略
異業種ビジネスリーダー研修
新製品・新事業開発戦略研修
対象ユーザー参加型「新製品・新事業開発プログラム」

その他の研修はこちら

〇書籍

『技術マーケティング戦略』

『技術マーケティング戦略』
高橋透 著(中央経済社出版)
2016/9/22発行
ISBN-10: 4502199214
ISBN-13: 978-4502199219

『勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法』

『勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法』
「エコシステム・ビジネスモデル」「バリューチェーン」「製品・サービス」
3階層連動の分析により、勝利を導く戦略を編み出す!
高橋 透著
定価:3,672円(税込) 
発行日:2015年1月20日
A5判/320頁
ISBN:978-4-502-12521-8

『90日で絶対目標達成するリーダーになる方法』
プロジェクトのゴールは90日で設定すべし!
高橋透 著
定価:1,512円(税込)
発行日:2014年2月28日
ISBN:9784797376098

Share

Tags: , , ,