デジタルB2Bマーケティング 第2回:B2Bビジネスの危機感

Share

第2回:B2Bビジネスの危機感

■ハードの差別化はソフトで解決される可能性が高くなっている

素材、部材、部品などは、家電、PC、スマホとは違い、すり合わせ技術で構成され、技術をブラックボックス化しやすく、他社が真似しにくいと考えられてきました。しかしB2Cの例ではありますが、デジタル一眼レフカメラのように、ハードとしては高度な性能を達成したとしても、素人からみればそれとほぼ同等の画像がiPhoneはじめとするスマートフォンのソフトでの処理で実現するといったことも発生しています。同じようなことは、B2Bビジネスでも発生しています。10%、20%程度のハードの性能アップは、ソフトウェアでの処理に負ける可能性が高く、そのうえソフトウェアは常にバージョンアップ可能であり、開発サイクルがハードよりもはるかに短いのです。

■川下、川上レイヤーでの問題解決で自社のビジネスが消滅することもある

B2B企業が提供する新機能はその先のいくつかレイヤーで、先に提供されてしまう可能性もあります。素材であれば、川上の原材料のレイヤー、もしくは川下の部材、部品、完成品、サービスなどのレイヤーで問題解決してしまうということです。それぞれのレイヤーにソフト化、デジタル化が伴なうと、その可能性はさらに高いと言えます。川下、川上レイヤーでの異業種企業による問題解決で自社のビジネスが消滅することもあるのです。

■最終受益者(エンドユーザー)の動向から目を離すとB2Bの最終商品・サービスが無くなってきていることさえも気づかない

自動車、住宅、オフィス、コピー機、TV、時計、バック、洋服までもがが、シェアサービスのターゲットとなり、所有することが徐々に少なくなってきています。B2Bの企業はこういった最終受益者(エンドユーザー)の動向を注視していないと、顧客や、顧客の顧客のビジネスそのものが他のビジネスに取って代わられていることがあります。取引先の動向だけみていても市場の動向はわかりません。取引先の要求そのものが間違っていることも多いです。特に、自動車、コンビニエンスストア、住宅などの寡占化された少数の企業がピラミッドの頂点に立つ業界は、組織や業界が巨大化し、末端の情報が意思決定者に届くのが大変遅く、組織の変革に時間がかかり、市場とのギャップが極めて大きくなります。B2B企業であっても業界を包み込むエコシステム(産業生態系)全体を自分の目で俯瞰してみていないとその変化には気づきません。自動車は自動運転になり、コンビニエンスストアはEコマースに、住宅やオフィスはシェアサービスに変化してきているというのが現実です。

■開発、設計、製造それぞれの分業がますます進む

B2B、特に日本の製造業の差別化の多くは、最終的には「製造」にあることが多く、アジア、新興国がつくれないモノを製造しているといわれています。結局それは、研究・設計開発段階でデザインされたものをうまく製造段階に転写させているから、もしくは特殊な製造・加工方法を武器にした特別なスペックの開発を行っているかです。しかし、モノが高度化し、複雑になれば、一企業で行うよりも、世界中のその道のトップの企業、組織、人と連携を組んでビジネス展開したほうが、高度なものを早期につくれます。現代は、ネットが普及しそういった優れたコア技術、コアコンピタンスもつ「個」が連携しやすい環境にあります。「新型コロナ感染拡大の影響で、会ったこともない他社の人と連携して、ビジネス成果を出した」という話はすでに身近なものになっているはずです。専門特化、分業はますます進み、それらはネットワークし新たな価値を生み出し続けます。

■デジタル化で拡張可能なフィジカル価値を追求する

結局当面10年、20年は、デジタル化することで、企業は拡大成長し、そのことが勝ち残りの要因となることは誰でもわかっていることです。しかしそれは最近よくいうDX(デジタルトランスフォーメーション)という流行りのお題目で、今のモノづくりを力ずくでデジタル化することではなく、ましてや最近よく耳にする「デジタルとフィジカルの融合」などといった無責任であいまいな話ではありません。

実態をさらに突き詰めて考えると、

B2Bでありながら

  • デジタル化で自社のエコシステム・ビジネスモデルが指数関数的に拡張可能で、
  • 情報のフィードバックでコア技術、コアコンピタンスの差別化が加速化し、
  • 自社がベースとするプラットフォームを構築できる

そういった特性を持ったモノづくりやフィジカルな面でのソリューションを考え出す、といった逆転の発想が必要なのだと思います。

 

 

★ニューチャーネットワークスコラムサイト「Global Age
★ニューチャーネットワークスでは月2回メールマガジン「グローバル・エイジ」を刊行しております。
「グローバル・エイジ」の登録はこちら
★ニューチャーネットワークスへのお問い合わせはこちら

☆書籍のご案内『デジタル異業種連携戦略』
高橋透 著(中央経済社出版)

戦略・開発部門,アライアンス,ジョイントベンチャーの担当者必読!!
優れた経営資産を他社と組み合わせ,新たな事業を創造する

現在,日本企業の多くは,既存製品・サービスの性能向上やコストダウンに注力していますが,こうしたビジネス展開はすでに行き詰まっています。顧客からの要求は果てしなく,要求に応え続けることで組織の疲弊を招き,自社を限界へと導くからです。このような現状からの方向転換を図るのが「デジタル異業種連携戦略」です。
IoTやAIなどのデジタルテクノロジーを活用し,自社が持つ優れた経営資産を異業種の経営資産と組み合わせることで,これまで関わりのなかった新市場や新規事業への参入を可能にします。
本書では,デジタル異業種連携を実現するための戦略の立て方とその実践方法を具体的に解説します。

デジタル異業種連携戦略

2019/11/13発行
定 価:3,520円(税込)
ISBN-10: 4502318515
ISBN-13: 978-4502318511

【関連コラム】

vol.176 デジタルB2Bマーケティング 第1回:製品特性によって異なるB2Bマーケティング
vol.164 商品企画開発は誰の仕事か?むしろあいまいな位置づけでよい
vol.162 商品開発にとってなぜビジネスモデルが重要なのか?
vol.161 「商品」の定義がまちがっていないか?
vol.158 情報やサービスが商品開発に組み込まれているか
vol.157 なぜわが社は顧客の価値観変化についていけないのだろうか?
vol.141 新価値創造のためのデジタル異業種連携戦略とは
vol.137 これでいいのか?日本企業の新規事業の取り組み方
vol.135 デジタル時代の既存の大企業の強みとは
vol.129 いまもっとも効果的な新事業開発法は何か
vol.121 異業種連携を仕掛ける企業や人が社会をリードする
vol.114 「異業種連携による新規事業開発」アイデア出しまでは進めても事業化は簡単ではない
vol.103 「挑戦すること」は重要な経営資産だ! ~大企業が新事業で成功するための考え方と方策~
vol.96 技術マーケティング戦略によるオープンイノベーション
vol.93 会社や組織のやり方に納得していない技術者へ贈る「技術マーケティング戦略」
vol.76 技術マーケティング戦略(2)
vol.75 技術マーケティング戦略(1)
vol.72 技術マーケティング戦略のための真の技術経営人材育成
vol.70 サービス化する技術
vol.69 既存技術での異業種市場参入
vol.65 IoT(Internet of Things)時代にこそ技術の原点に戻って考えること
vol.64 技術のゴールは製品ではなく価値にあり

【ニューチャーの関連商品】

〇コンサルティングサービス
オープン・イノベーション戦略
技術マーケティング戦略
新製品・新事業戦略
組織横断(クロスファンクショナル)プロジェクト
M&A・アライアンス戦略

その他のコンサルティングサービスはこちら

〇研修
オープン・イノベーション戦略
異業種ビジネスリーダー研修
新製品・新事業開発戦略研修
対象ユーザー参加型「新製品・新事業開発プログラム」

その他の研修はこちら

〇書籍

『技術マーケティング戦略』

『技術マーケティング戦略』
高橋透 著(中央経済社出版)
2016/9/22発行
ISBN-10: 4502199214
ISBN-13: 978-4502199219

『勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法』

『勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法』
「エコシステム・ビジネスモデル」「バリューチェーン」「製品・サービス」
3階層連動の分析により、勝利を導く戦略を編み出す!
高橋 透著
定価:3,672円(税込) 
発行日:2015年1月20日
A5判/320頁
ISBN:978-4-502-12521-8

『90日で絶対目標達成するリーダーになる方法』
プロジェクトのゴールは90日で設定すべし!
高橋透 著
定価:1,512円(税込)
発行日:2014年2月28日
ISBN:9784797376098

 

Share

Tags: , , ,