人は皆なんか疲れている

Share

人は皆なんか疲れている

■会社の人は皆なんか疲れている 

 コンサルティングで新製品・新事業開発のサポートの仕事をする際にまず行うのが、疲れた人を助けることです。疲れた人とは、会社で新製品・新事業開発を担当する人。それからその新製品・新事業開発の対象の顧客です。B2Bであれば企業、B2Cであれば消費者です。皆なんか疲れているのです。
 疲れているとはどういうことかというと、スマホにひっきりなしに入ってくる情報やルールでがんじがらめの仕事、仕事や生活の、本当はどうでもいいことの処理、建前だけをせまってくる上司の対応などに、無駄に頭を使ってしまうことです。これは顧客や消費者も同じです。デジタル化されて疲れる話は20年前の100倍ぐらいの量になった気がします。

■休日の様なリラックスした気持ちになれないものか

 そういった中で新製品・新事業開発を行うためには、まず会社の人が、良い景色を眺め、胸いっぱいの良い空気を吸い、休日の様なリラックスした気持ちになってもらい、すこしぼーっとしてもらいます。実際はそんなことは温泉合宿でもしない限り難しいのですが、 「今日は少しふざけてもいい」とか、「高橋さんなら昼休みにWeWorkのビール飲んでも叱られない」といったムードをつくらないと仕事にならないのです。(注:弊社が2019年1月から入居したシェアオフィスは昼からビールが自由に飲める
 というのも、新製品・新事業開発の対象の企業顧客や消費者も同じように疲れているのです。疲れている人に、切羽詰まった意識で、自社の技術を無理矢理使った機能てんこ盛りの「うるさい製品」を提供しても嫌われるか、ロジックで徹底的に細かく突っ込まれ、最後は値引きで終わるのが落ちです。
 つまり今の時代の最大の欲求とは「誰かに癒やされたい」「疲れない話を持ってきて」「気持が軽くなる話、なんかない?!」なのです。だから新製品・新事業開発の議論をするときは、出来るだけいつもの会社の雰囲気とは違った感じを出すように努力します。努力といっても私自身疲れてはいけません。

■感覚、感情で発想することで良い仕事ができる

 疲れない話は、議論ではなく、気軽な対話でなければいけませんが、その対話も、感覚(Sense)感情(Feel)の範囲であるべきです。「○○って気持ちいいよね」「□□は前からほしかったんだ」「△△はウチの娘に買ってやりたい」とかです。

 最近、新製品・新事業開発開発のワークショップで、「ちょっとした休日の様なリラックスした気持ち」になっていただくことで、大きな成果がみられるようになりました。私が企画をリードしているわけではありません。私はテーマ設定と休日リラックスムードをつくるだけです。もし対話が止まったら、私が私自身の感覚(Sense)感情(Feel)で話しに加わります。そして場を盛り上げます。
 日頃、職場での仕事が建前や変なルールだらけで、自分自信の本音、感覚や感情に蓋をしたまま、顧客や消費者からほど遠いところで無理をしていることが解ります。解放された時のエネルギーがもの凄い勢いです。

■うるさい社会に負けず自分自身の内面の声を聴く!

 ビックデータ解析、AI、IoTなどと、ますます世の中がうるさくなっています。技術や文明は進歩しますが、人間は中々進歩しません。いいところまで行った人でもいずれは老人になり、そして死んでいきます。そして誰かまた生まれてきてゼロから始めます。意外にも変わらないのは人なのです。その人にもっと注目すること、つまり自分自身の内面の声を聴くことが顧客、消費者、社会に受け入れられる新製品・新事業開発ができるのではないかと思います。
 さあ、会社で活躍したいなら、どうやってうまく仕事をさぼるかです。いつでもお付き合いします。

 写真は「英国のOFF: 上手な人生の休み方」入江敦彦著(とんぼの本 新潮社)より

ニューチャーネットワークスへのお問い合わせはこちら

【関連コラム】

vol.143スタートアップ企業のマインドと行動で再スタート
vol.142 「旧」と「新」の入れ替わりがはっきりしてきた
vol.141 新価値創造のためのデジタル異業種連携戦略とは
vol.140 個人、組織の成長を促す働く環境のあり方
vol.139 東京大学大学院 山本義春教授対談 健康情報学とヘルスケアIoTへの期待
Vol.138 副業は商売感覚を育てる
vol.137 これでいいのか?日本企業の新規事業の取り組み方
vol.135 デジタル時代の既存の大企業の強みとは
vol.134 夏休みの直後、そこがチャンスです。是非実行してみてください。
vol.129 いまもっとも効果的な新事業開発法は何か

 

【ニューチャーの関連商品】

〇コンサルティングサービス
オープン・イノベーション戦略
技術マーケティング戦略
新製品・新事業戦略
組織横断(クロスファンクショナル)プロジェクト
M&A・アライアンス戦略

その他のコンサルティングサービスはこちら

〇研修
オープン・イノベーション戦略
異業種ビジネスリーダー研修
新製品・新事業開発戦略研修
対象ユーザー参加型「新製品・新事業開発プログラム」

その他の研修はこちら

〇書籍

『技術マーケティング戦略』

『技術マーケティング戦略』
高橋透 著(中央経済社出版)
2016/9/22発行
ISBN-10: 4502199214
ISBN-13: 978-4502199219

『勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法』

『勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法』
「エコシステム・ビジネスモデル」「バリューチェーン」「製品・サービス」
3階層連動の分析により、勝利を導く戦略を編み出す!
高橋 透著
定価:3,672円(税込) 
発行日:2015年1月20日
A5判/320頁
ISBN:978-4-502-12521-8

『90日で絶対目標達成するリーダーになる方法』
プロジェクトのゴールは90日で設定すべし!
高橋透 著
定価:1,512円(税込)
発行日:2014年2月28日
ISBN:9784797376098

 

Share

Tags: , , , ,